白田堤防のポイントを紹介します
BlogPaint
1年を通じて釣れる魚や、季節ごとに釣れる魚、それぞれありますがこの堤防は釣りの楽しみを覚えるには最高の堤防だと思います。
天気のよくない日は無理をせず、次のチャンスを期待しましょう。
簡単ではありますが多少の説明を入れながら紹介します。
尚、堤防の右側は普段から濡れている為、海苔がついて危険です!
(水深は満潮時です)
BlogPaint
前方15m程まではケイソンが敷いてあり、水深は堤防のすぐ下で3m、ケイソンの切目で7m程です。
その先は沖に向って14m程の深さで遠浅になっています。
BlogPaint
春にはアオリイカが産卵のため海草のモクを求めて港内に入って来るみたいです。時化ている時などはスズキを狙っても面白いですよ。
BlogPaint
キス釣りは最低でも30mは投げてください。左側に見える松の木より右側へ遠投し、堤防15m手前で巻き取り回収して下さい。
BlogPaint

BlogPaint
堤防の左右正面は何を狙ってもいいポイントです。
石鯛はケイソンの切れ目を狙います。
カゴ釣りは遠投しても近くでも楽しめます。
アオリは泳がせの方が釣りやすいと思います。
メジナはどこでも平均に喰ってきます。
BlogPaint
テトラの際はメジナには最高のポイントになりますが釣れるとテトラやケイソンの中に突っ込むので少し太めのハリスで一気に勝負した方がいいと思います。
BlogPaint
テトラの上は危険ですのでお勧めはしませんが三箇所ぐらい乗れる所があります。メジナやアオリイカ(エギング)で良い実績があります。